腎臓病食は宅配もあって便利|バクバク食べればたちまち健康

料理にも息抜きが必要

家族

インターネットで献立検索

腎臓病食は、カロリーを確保しながらもタンパク質と塩分の摂取量に制限があります。カリウムの摂取量にも配慮が必要です。これは、腎臓に負担をかけないための食事療法です。タンパク質は、肉や魚や大豆製品などに多く含まれています。献立のメイン料理となるものと言えるでしょう。タンパク質量は、同じ肉と言えども種類によって違いますし、例えば同じ鶏肉であっても部位によっても含有量が違います。腎臓病食を自分で作る場合、カロリー成分表などで数値を確認することが大切です。いろいろ計算をしながら作っていると、どうしても献立がワンパターンになりがちです。そんな時は、インターネットで検索すると腎臓病食のレシピが見つかります。レシピ投稿サイトや大手食品メーカーの公式サイトまで、いろいろとありますので、参考にするとよいでしょう。

1日のうち1食でも

腎臓病食は毎日のことですから、作る方もストレスにならないよう工夫が必要です。とは言え外食は、カロリーや塩分表示があってもタンパク質量の表示がないので、最初のうちは難しいかもしれません。だいたいの目安がわかるようになれば、時には息抜きとして外食もおすすめします。腎臓病食の宅配を利用するのも賢い方法です。タンパク質、塩分、カリウム量が計算された献立ですので、安心して食べることが出来ます。宅配業者は多数ありますので、インターネットなどで検索して、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。宅配業者では、お試しコースもありますので味を確かめることもできます。定期コースにすると、1日のうち1食もしくは2食かを選べるようです。おかずのみのコースもありますので、予算に合わせて選択できます。腎臓病食の宅配は、調理済みのものが届きますので調理が苦手な方にもおすすめです。